葬儀の必要性

最近は、葬儀の方法も様々あり、自分たちの予算や希望に合わせて葬儀を行うことができます。そんな葬儀を行うことで、故人のためだけでなく、残されて遺族のためにもなります。そんな葬式の必要性を確認しましょう。

おすすめの葬儀方法

no.1

遺族・身内のみで見送る葬儀

遺族や身内のみで静かに葬儀を行う方法で、「家族葬」「密葬」の2種類があります。費用を掛けずにしっかり故人とお別れすることができるので、一番おすすめです。

no.2

故人を知る人も一緒に見送る葬儀

一番メジャーな葬儀の方法で、「一般葬」「社葬・合同葬」の二種類があります。遺族や身内だけでなく、故人が生前親交があった人たちも一緒に葬儀を行います。親交があった方々もお別れをすることができるので二番目におすすめです。

no.3

簡素にお別れする葬儀

簡素にお別れをする葬儀も遺族と身内のみで行うことが多く、通常は二日間に分けて行う葬儀を一日で済ませる「一日葬」という方法があります。また。葬式を行わず、火葬のみを行う「直葬」もあります。

[PR]家族葬は藤井寺の葬儀会社に頼もう
さまざまなプランを提供してくれる

[PR]大阪で葬儀業者を探している
24時間電話対応可能

[PR]葬儀は埼玉の業者に依頼
ペットの終活を対応可能☆

[PR]東京で評判の高い遺品整理業者
電話から施工までがスピーディー☆

[PR]大阪で評判の良い遺品整理業者
24時間いつでも作業を行なってくれる

しっかり見送ろう!葬儀で感謝の気持ちを伝える

老人

葬儀を行う理由とは?

埼玉や大阪で葬儀を行うことによって、遺族の心の負担を軽減できます。故人とお別れする時間を作ることで、故人が亡くなったことを受け止めることができます。また、葬儀によってしっかり見送ってあげることによって、故人へ感謝の思いを伝えることができます。しっかりお別れをする場合には、藤井寺での家族葬がおすすめです。また、葬儀後には遺品整理を行いましょう。

遺品整理の必要性

遺品整理で形見である遺品を処分するには、抵抗があると思います。しかし東京の遺品整理業者に依頼することによって、気持ちの整理をすることができます。人によっては、家族の遺品を片付けることができず、ゴミ屋敷になることもあり問題になっています。故人も遺族が健全に生きていくことを望んでいるはずです。なので気持ちに区切りをしっかり付けましょう。

葬儀に関する疑問を解決しよう!

すぐに必要になるものはありますか?

取り急ぎで必要になるものは、遺影用の写真・市役所提出書類に必要な印鑑です。場面ごとで必要になるものは異なりますが、始めはこの2種類を準備しておきましょう。

給付金などありますか?

はい、「国民健康保険」「社会保険」に加入している場合は、葬祭費の給付金を受け取ることができます。しかし、期日内の申請が必要になるので、葬儀が終わり次第早めに申請しましょう。

親族への連絡はいつすればよいですか?

遺族の場合には危篤時に連絡をすることをおすすめします。また親戚などには、葬儀の日程が決まってからでも遅くはありません。また。故人と交友があった方に連絡をする際には、連絡漏れがないように気を付けましょう。

喪主は誰が向いていますか?

喪主は、故人の配偶者・長男・長女の順序で近い方が最適です。しかし子供が小さかったり、配偶がいないという場合には、故人の兄弟が行うこともあります。遺族で話合いをして決めましょう。

亡くなった時にすることは?

法律で、病院で亡くなった場合24時間は火葬することができません。なので、安置所の確保が必要になります。その際、慌ただしくなってしまいますが、ご自分の希望をしかりお申し付け下さい。安置所確保ができたら、葬式などの準備をします。

広告募集中